【アンナチュラル~第6話 友達じゃない】注目の名脇役さん! 2月16日(金)

今回の【#6 友達じゃない】は、前回【#5 死の報復】があまりにも衝撃的で、よく出来たドラマだったので、それと比べたら少し気楽に見ることができた感じです。

このドラマは主人公の活躍や、話の展開が素晴らしいだけではなく、脇役さん達がほっとさせてくれて、とても良い味を出していると思います。

例えば、名曲と言われる音楽が、どのパートから聞いて無駄がなく素晴らしいと感じるのと同様、このドラマには最初から最後まで一つの無駄もなく、時間を忘れて一気に見られるだけの魅力が備わっていると思います。

特に話の合間で脇役さん達が、とてもいい演技を見せてくれます。

尊敬する脚本家の野木亜紀子さんは、ネタをどうやって仕入れているのか、脇役さんの台詞を含め、話を構成するのにどのくらい時間がかかっているのか、もし裏話が聞けたら最高ですね。

そんなわけで、今回あらすじはごく簡単にして、登場する脇役さん達に注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

Unnatural Death #6 友達じゃない

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林(市川実日子)は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ます。

隣を見ると、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)が死んでいた…!!

混乱した東海林は、ミコト(石原さとみ)をホテルに呼び出す。

ミコトが詳しい状況を聞こうとするも、東海林は店を出た後の記憶がまったくないという。

そんな中、ミコトは権田原の遺体を見て死因は窒息死だと推定する。

一方UDIでは、中堂(井浦新)と六郎(窪田正孝)が、道端で突然死した男性の解剖を行っていた。

偶然にも、その男性は権田原と知り合いで、例の合コンパーティーに来る予定の人物だった。

警察は連続殺人事件とみて捜査を始めるが、容疑者として疑われているのは東海林だった…。

中堂は『警察の任意同行に応じると殺人犯にされる』と東海林に逃げるよう促す。

左から外資の銀行マン・細川隆文(三宅克幸さん)、ベンチャー企業の社長・岩永充(竹財輝之助さん)、パイロット・立花圭吾(鈴木裕樹さん)、外資の商社マン・権田原登(岩永洋昭さん)

ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する中で、外資の銀行マン・細川隆文(三宅克幸さん)、ベンチャー企業の社長・岩永充(竹財輝之助さん)、パイロット・立花圭吾(鈴木裕樹さん)、外資の商社マン・権田原登(岩永洋昭さん)の4人が、ビットコイン詐欺で投資家から4億円をだまし取っていて、警視庁の捜査の本当の目的が、ビットコイン詐欺の究明にあることを知る。

一方中堂は、死んだ権田原と細川が付けていた腕時計型のバイタルセンサーに、通常型にはない高圧コンデンサーが組み込まれ、遠隔操作で微少電流を発生させ、それが頸椎神経に作用して呼吸困難を引き起し、人を窒息死させることが出来ることを突き止める。

結局、ベンチャー企業の社長・岩永が、詐欺で得た4億円を独り占めしようとして、他の3人の内2人をバイタルセンサーで窒息死させ、残ったパイロットの立花も同様の手口で殺そうとしたのが事件の真相だった。

副題『友達じゃない』は、信頼し助け合いながらも、ミコトと東海林の女同士の微妙な意地の張り合いを表しています。

今回は後半に続く途中の、中休み的な回なのかもしれませんね。

大倉孝二さん

芸名 大倉 孝二
性別 男性
生年月日 1974/07/18
星座 かに座
干支 寅年
血液型AB
出身地 東京都
身長187cm
体重78kg
靴のサイズ27.5cm
趣味・特技音楽鑑賞
プロフィール
東京都出身。1995年、ナイロン100℃のオーディションに合格。『ウチハソバヤジャナイ~version100℃~』で舞台デビューを果たす。2002年、パルコ劇場で行われた『ダブリンの鐘つきカビ人間』で主演を務め、唯一無二の存在感や勘の鋭さで映画や舞台・CMなどで役者として欠かせない存在に。

大倉弘二さんはコミカルな演技が出来るので、お笑い出身の方かと思っていたら、劇団出身の純粋な俳優さんでした。

身長あるなと思って見ていたら、187センチの長身です。

見栄えがしますね。

アンナチュラルってドラマの本筋以外では、ミコトと東海林そして毛利刑事と向島刑事は、ほとんどギャグをやってますよね。

大倉さんの演技は大好きです。

もっと出番を多くしてほしいものです。

竹財輝之助(たけざい てるのすけ)さん

竹財輝之助(たけざい てるのすけ)さん

生年月日 1980年4月7日
血液型 O型
出身地 熊本県
身長 181cm
趣味 バイク、読書
特技 サッカー、料理

熊本市立西山中学校、熊本市立高等学校卒業。 高校時代にモデルになることを志望する。大学在学中にモデル事務所に所属し、地元で活動した後に上京。当初は東京でもモデル活動をするつもりだったが、レッスンを重ねるうちに演技に興味を持つようになる。2004年、『仮面ライダー剣』で俳優デビュー。

この方は『仮面ライダー剣』で俳優デビューした、正統派イケメン俳優さんです。

たまたまテレビのチャンネルを回していて、ぱっと目に留まってその番組を見入ってしまうのが、自分的に役者さんまたはタレントさんの魅力だと思っています。

この方は十分に華がありますので、今後に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?