”壁ドン”されると女性は理性的に対応できなくなります。

スポンサーリンク

壁ドンとは!?

恋愛における壁ドンは、主に漫画やアニメ、さらに実写ドラマや映画などでも見られるシチュエーションである。「男性が女性を壁際まで追い詰め、壁を背にした女性の脇に手をつき『ドン』と音を発生させ、腕で覆われるように顔が接近する」まで、あるいは「耳元で愛を囁かれる」までが一般的な壁ドンである。このシチュエーションにおける男性は、女性から見ていわゆる「イケメン」であるか、好意を持っている男性に限る、とする報道もある。漫画の中においては、「まだ恋人にはなっていないが、好意をもっている異性」が一気に距離を詰めて迫ってくる、という前提があって初めて成立する様式美であるとの分析がある。また、女性が男性に対して壁ドンする行為は「逆壁ドン」と呼称する。

恋愛対象にならない相手による壁ドンは、日本の法律において暴行罪に該当する可能性が指摘されている。

出典:ウィキペディア

壁ドンは相手が「イケメン」か、好意を持っている男性に限って許される行為のようですので、そうした前提でお話ししたいと思います。

ボディーゾーン

電車で座席に腰を下ろした途端、隣の女性から変な目で見られた経験は、男性なら誰でもお持ちだと思います。

こうしたとき女性は、体が接しているわけでもないのに腰を浮かせて距離を取ろうとしたり、はたまた席を立って行ってしまうことがあります。

これは心理学で言う「ボディーゾーン」が犯されたことが原因です。

ボディーゾーンとは、人が自分の周囲に一種の縄張りのように設定する空間のことですが、そこに不意に侵入されると、人は不安を感じてしまします。

この傾向は女性に顕著です。

壁ドンの効果

壁ドンはボディーゾーンに突然侵入する行為ですので、思考が混乱もしくは停止して、女性は理性的に対応できなくなってしまいます。

もし相手が「イケメン」か好意を持っている男性なら、本能のままに相手を受入れてしまうでしょう。

これは壁ドンのように特殊な場合に限ったことではありません。

女性とパブなどに同行したら、出来るだけ顔を近づけて話をしてみましょう。

この不意打ちに女性は理性を持って対応することが出来なくなり、ただうなずくことしか出来なくなるかもしれません・・・。

尚、恋愛対象にならない相手は激しく拒絶されますので、すぐに距離を置きましょう。

しつこくすると暴行罪になる可能性がありますので、注意しましょうね!!

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?