人知を越えた若返りの秘薬『七草がゆ』の作り方をWeb限定公開

スポンサーリンク

これは魔法の薬です

伝説によると、

むかし唐の楚国の大しうという者が老いた父母を見て悲しみ,山に入って21日間もの苦行を行い祈願した。

「どうか私に老いを移してもいいのでどうか両親を若返らせてください」

そこに天上の帝釈天からお告げがあり、須弥山(しゆみせん)の南にすむ白鵞鳥が春の初めごとに七草を服すがゆえに八千年の寿命を保つと教える。

毎年春のはじめに食べる七草の秘伝とは、

『1月6日までに7種類の草の集めておくこと。

次の時刻に柳で作った器に種を載せ、玉椿の枝で叩くこと。

酉の刻(17時–19時)芹(セリ)
戌の刻(19時–21時)薺(ナズナ)
亥の刻(21時–23時)御形(ハハコグサ・ごぎょう、おぎょう)
子の刻(23時–1時)田平子(コオニタビラコ【小鬼田平子】、タビラコ【田平子】)
丑の刻(1時–3時)仏座(ホトケノザ【仏の座】)
寅の刻(3時–5時)菘(カブ)
卯の刻(5時–7時)清白(ダイコン)

辰の刻(7時–9時)からこれらの種を合わせ、東から清水を汲んできて、これを煮て食べること。

一口で10歳、七口で70歳若返るので、ついには8000年生きることができよう。』

そして大しうは七草を父母に与え若返らせる。

噂を聞いた帝は親孝行に感動し位を譲ったという。

ジェネリック製法

日本の関東地方で開発されたレシピ

時代が下り現在では、材料を多少変えても同様の効果が得られる事がわかってきました。

1月6日の夜、あらかじめ用意したセリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(だいこん)の「七草」をまな板の上に載せ、以下の呪文を唱えながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくする。

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草と塩を入れて七草粥にする。

そして朝食として食べる。

日本各地のレシピ

気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊いています。

山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べます。

最上川流域では1月7日に新米の握り飯を12個作り、箕の上に乗せて柳の箸を刺して「おみ玉」として飾ります。

その後で握り飯を崩して煮込み、野菜、昆布、干し柿、栗を入れたものを「七草粥」と呼んでいます。

青森県や秋田県では1月7日に行事をおこなわず、1月16日の小正月には、けの汁という根菜を大量に炊き込んだ精進料理を味わって祝います。

気候的に七草が入手できる地帯でも七草ではなく、ありあわせの青菜、さらに根菜や油揚げなど大豆製品をも含めて「7種」取りそろえる場合や、九州南部のように鶏肉を加える地方もあります。

調理法も白粥のみではなく、鰹節で出汁を取り醤油や味噌で味付けして「雑炊」にする地方や、四国の瀬戸内海沿岸のように「和え物」「お浸し」で七草を食べる地方、九州北部のように汁物に加工するなど、日本全国で多様なレシピが開発されています。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?