食べたら開運『恵方巻き』2018年はいつ!方角は?レシピは!?

スポンサーリンク

お答えします

時は  平成30年2月3日(土) 節分

方角は  南南東

「恵方巻き」と「節分」

恵方巻き(えほうまき)とは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻寿司のこと、およびそれを食べる風習を指します。

節分には一年の災いを払うための厄落としとして「豆まき」が行事として行われていました。

それに加えて大阪では、巻き寿司をまるごと一本無言で食べるイベントが行われることがありました。

それが昭和初期に「幸運巻寿司」と称して豪華な太巻き寿司を丸かじりするように変わります。

その後、「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」と言われるようになります。

「笑いながら食べる」という人もおり、これも様々で、太巻きではなく「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいます。

「恵方巻」という名称は、1998年にセブン-イレブンが全国発売にあたり商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより、2000年代以降に急速に広まりました。

それ以前では「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていません。

恵方とは


歳徳神(としとくじん、とんどさん)【陰陽道でその年の福徳を司る神】の在する方位を恵方(えほう、吉方、兄方)、または明の方(あきのかた)と言い、その方角に向かって事を行えば、万事に吉とされています。

歳徳神の在する方位(すなわち恵方)は、その年の十干によって決まります。

レシピ


太巻きには7種類の具材を使うとされます。

その数は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むと意味付けされています。

ただし別の解釈もあり、太巻きを逃げた鬼が忘れていった金棒(鬼の金棒)に見立てて、鬼退治と捉える説もあります。

具材は特定の7種の素材が決まっているわけではありませんが、代表例として以下がよく用いられています。

かんぴょう
キュウリ(レタス・かいわれ)
伊達巻(だし巻・厚焼き卵)
ウナギ(アナゴ)(以上4種は語源由来辞典による)
桜でんぶ(おぼろ)
シイタケ煮

また、大正時代から昭和時代初期には漬物が度々挙げられていました。

他にも焼き紅鮭、かまぼこ(カニ風味かまぼこ)、高野豆腐、しそ(大葉)、三つ葉(ほうれん草)、しょうが、菜の花、ニンジンなどが使われることがあります。

2000年代以降ではサーモン、イクラ、イカ、エビ、まぐろ(ネギトロ・漬けマグロ)などを使い「海鮮恵方巻」と称して店頭で売られていることも多々あります。

具材の種類数でも7種にこだわらず、11種・12種・15種など多くする場合もよくあります。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?