【バレンタインデー】彼(彼女)をゲットする恋する裏チョコ技とは!?

スポンサーリンク

恋人たちの祝日 バレンタインデー

なぜバレンタインデーにチョコレートなのか、なぜ女性から男性なのか、についてはいまさら詳しく説明したりしません。

最初の動機はどうあれ、チョコレートは世界的な「恋人たちの祝日」に最も適した食べ物の1つといえそうです。

チョコレートの効能

媚薬 その1


胸の高鳴り、これは恋・・・!?

チョコレートは「媚薬」であると、古来、多くの人々に信じられてきました。

チョコレートに「恋に落ちる」感覚をもたらす「恋愛化学物質」が含まれているという発見は、この説を裏付けたかに思われました。

が、この恋愛化学物質「フェネチルアミン」は消化の際に分解されてしまうことから、チョコレートを食べても脳に作用することはないと、一応“科学的に”否定されました。

ちなみにフェネチルアミンは、恋愛状態の人間の脳で放出される神経伝達物質です。

ところが2007年、チョコレートには、実際に、まるで「恋に落ちた」かのように、胸をドキドキさせる効果があることを示した、興味深い実験結果が新たに報告されました。

イギリスのマインド・ラボの研究者のルイス氏は、20代のカップルで、「チョコレートを口の中で溶かす」ときと、情熱的に「キスをする」ときの、心拍数と脳の活動状態を調べました。

そして、ブラックチョコレートを食べているときの心拍数は、キスをしているときの約2倍に増加することを発見しました。

そしてさらに、チョコレートが舌の上で溶け始めたとき、脳のすべての部分が、キスをしている間に見られたものより、はるかに激しく活動したのです。

このように脳が興奮した状態は、キスと比べて4倍以上も長く続いたといいます。

これらは男女ともに同様でした。

チョコレートによる胸の高鳴りを「このトキメキは恋かしら?」と誤解をしている間に、あなたの想いを伝えることで、恋の成就率をかなり高められるかもしれません。

媚薬 その2

幸せだな~、これは愛・・・!?

恋に大切なことはトキメキばかりではありません。

一緒にいることに「幸せを感じる」ことも重要な要素です。

チョコレートは、幸福感をもたらす脳内物質の「エンドルフィン」を放出させます。

エンドルフィンはモルヒネのような作用をもつ自然の鎮痛薬です。

オーストラリアのニューサウスウェルズ大学のパーカー教授は、2002年に、特にブラックチョコレートは、エンドルフィンの分泌を促して、食べた人の幸福な気分を高めることを報告して注目を集めました。

媚薬 その3

恋する脳で急上昇する「フェネチルアミン」は、心拍数と血圧を上昇させます。

しかしチョコレートには、「血管の機能を改善」して「血圧を下げる」優れた作用があります。

この効果は高血圧の治療薬に匹敵する、という報告もあります。

媚薬 その4

「血栓(血のかたまり)の形成を防ぐ」いわゆる血液サラサラ作用もあり、合わせて心臓発作や脳卒中の予防に役立ちます。

媚薬 その5

悪玉(LDL)コレステロールを減らして、善玉(HDL)コレステロールを増やす「コレステロール値の改善」効果があります。

媚薬 その6

脳への血流を増加させることで、「脳機能の低下を予防」するようです。

媚薬 その7

チョコレートには「リラックス効果」があり、緊張を緩和してストレスから身体を守ります。

以上の効果のほとんどは、ミルクチョコレートではなく、
ポリフェノールが豊富な
ブラックチョコレート
または純ココアを食べることで得られるのです。

チョコレートとワインの相性

ポリフェノールの作用

ワインとチョコレートには、実はどちらにも同じ成分「ポリフェノール」が含まれています。

ワインに渋みと苦味を与えるタンニンのポリフェノールと、チョコレートの原料、カカオに含まれるカカオポリフェノール、どちらも強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え、血中コレステロールを下げる効果があるなど、体にとても良い成分として有名です。

同じ成分を含むワインとチョコレートですが、その相性を決めるポイントの一つが「酸味」です。

酸味が強いワインとチョコレートを一緒にとると、タンニンの特徴が引き出され、チョコレートの苦味をより強く感じるようになります。

ワインを一口飲んでチョコレートをかじったら、ワインはより酸っぱく、チョコレートはより苦く感じたという経験がある人も多いのではないでしょうか?

これはポリフェノールの作用によるものです。

また、「酸味」とともに重要なのが「糖分」です。

一般的に、ポートワインとダークチョコレートは相性が良いと言われていますよね。

これはワインとチョコレートのどちらにも含まれる糖分の割合が同じくらいで、調和していることを意味します。

逆に、糖分が高く甘いチョコレートとドライな赤ワインは、ベストなマッチではないとも言えます。

相性が良い組み合わせの見つけ方

「酸味」と「糖分」の科学的視点から美味しくいただける組合せを考えてみましょう。

Ⅰ、酸味の強い白ワインとホワイトチョコレート
(酸味も糖分も強い組み合わせ)

Ⅱ、力強い、厚みのある赤ワインとダークチョコレート
(糖分の割合が似た組み合わせ)

実際はワインもチョコレートも人によって好みが大きく分かれますが、これらの組み合わせなら相性が良さそうだということになります。

まとめ

シェークスピアもハムレットのなかで
『血が燃え立つ時は、心もデタラメに、いろいろな誓いを口にいわせるものさ』と書いています。

バレンタインデーにはチョコレートを送るだけでなく、ブラックチョコレートと赤ワインをパートナーと一緒に食せば、二人の仲は「真実の愛」に発展して行くはずです。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?