井浦新さんが超カッコいい【アンナチュラル#3 予定外の証人】完全あらすじだよ!! 2018.1.26 OnAir

今回は更におもしろいストーリーです。

中堂系(井浦新)が格好よくきめてくれます!!

スポンサーリンク

主婦ブロガー殺人事件

ミコト(石原さとみ)は半年前に発生した“主婦ブロガー殺人事件”の裁判に、検察側の証人として出廷することになる。

被告は被害者の夫の要一(温水洋一)。

殺害の動機は、妻からの精神的DVによるものだと罪を認めていた。

しかし裁判で証拠として提出されたのは、左利き用の被害者の所持する包丁だが、被害者の刺し傷は右利き用の包丁によるものだとして、凶器の矛盾を指摘する。

それを聞いた被告の要一も、一転して無実を主張する。

裁判は大混乱になり、検事の烏田(吹越満)はミコトに激怒。

検察を敵に回すと警察庁からUDIへの補助金にも影響があるのではと、所長の神倉(松重豊)が心配する中、ミコトは事件の真実を明らかにするため、今度は弁護側の証人として再び法廷に立つことを決意する。

弁護側の主張

2回目の裁判で弁護士は、凶器とされた包丁に付いた血痕は、被害者が誤って指を切ったときに付いた血液であること、日常的に要一が食器の洗い物をさせられていたため、凶器とされる包丁に要一の指紋が付いていても不自然でないこと、被害者宅の包丁は全て特注の左利き用包丁で、被害者の傷と一致しないことから、誤認逮捕と無実を主張した。

有罪率99.9%のやり手検事烏田(吹越満)の証人

一方検察側は解剖実績15,000体の草野教授から、凶器と傷が矛盾しないとの証言を引き出す。

更にミコトの凶器の矛盾に関する指摘については、女性だから信用できないと、明かな女性蔑視発言を行なう。

引き続きミコトがデータに基づき、包丁が右利き用と左利き用では、出来る傷跡が異なると主張しても、検事の烏田は、女性だから証拠確認が不十分だった、女性だから簡単に主張を翻す、女性は気まぐれだとして、裁判員への心証操作を繰り返し行なう。

ミコトは烏田の発言に乗せられ、最後になってつい感情的な発言をしてしまう。

草野教授の女性蔑視の証言を含め全ての発言は、ミコトを苛立たせるため、最初から烏田が計算して仕組んだことだったのだ。

「理性の検事vsヒステリー女法医学者」

ミコトの感情的発言をあおり立てるような記事が、週刊誌に掲載される。

その記事を見た中堂系(井浦新)は、コトミの証言をからかうが、中堂は自身がパワハラで訴えられていることについて、全く相手の気持が理解できなようだった。

女は信用できない

ミコト達が自腹で豚肉を買って殺傷実験を行なっている中、被告の要一は罪を認めると言い出す。

妻に虐げられてきた要一は女性不信になっていて、ミコト達の努力を理解できないのだ。

挑戦

ミコトは弁護士である母親から、殺傷実験程度では烏田検事に勝てないと叱咤され、他に証拠がないか再調査をはじめる。

そしてホルマリン液の中から、鉄、クロム、ニッケル、ケイ素の成分を検出することに成功する。

裁判を明日に控え、人を不愉快にすることにおいて右に出る者がいない中堂に、ミコトは協力を申し出る。

裁判

弁護士はミコトが出廷できなくなったとして、代理人として中堂系の証言を申請する。

中堂はホルマリン液の中から、鉄、クロム、ニッケルが検出され、凶器がセラミックではないことはバカでもわかると、暴言証言をする。

烏田は中堂の解剖実績が、15,000体の実績を誇る草野教授に劣るとして、証言の有効性を否定するが、最新の医学に過去の実績は役に立たないと、中堂にあっさり論破されてしまう。

さらに烏田が、鉄、クロム、ニッケルは解剖器具から検体に付着した可能性があるのではないかと指摘されると、解剖器具は全て使い捨てなので検体に付着することはない、最後までよく聞けと言って烏田を苛立たせる。

ミコトは中堂を使って烏田に復讐していたのだ。

中堂は、解剖器具は全て使い捨てなので研いだりしない、今回家庭用の包丁ではあり得ないほど高いケイ素が検出されている。

元素分析した結果、合わせ砥だった。

合わせ砥とは、京都の料理人が使う特別な砥石である。

セラミックの包丁は刃を研がない、解剖器具も刃を研がない、よって真の凶器は合わせ砥で刃を研いだステンレスの包丁となる、そう証言すると中堂は勝手に法定から出ようとする。

京料理の料理人である被害者の弟を見つめながら、被告の要一は無実を訴え、法廷を出かかっている中堂に大きな声で礼を言う。

しかし中堂は、「おまえが『女は信用できない』などとクソ小さなことを言うから、自分がかり出されたのだ、人は切り開いて皮を剥げばタダの肉の塊だ、死ねばわかる」と言って出て行ってしまう。

真犯人

後日、被害者の弟が犯行を認める。

レシピを考案した権利として、金銭を姉に要求したが、冷たくあしらわれてかっとなり、刺したのが事件の真相だった。

中堂と烏田

裁判の後、ロビーで中堂と会った烏田は、「『人は切り開いて皮を剥げばタダの肉の塊だ』とあんたが言うと実に真実味がある、いつまでも逃げられると思うなよ。」と、意味深なことを言い去って行く。

その光景をミコトは不安げに見つめていた。

今回は最後まで目が離せず、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

こんな面白いドラマは久しぶりです。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?