【これだけは見るべき!】札幌雪まつり2018で絶対に見るべき10個の雪像とは!?

さっぽろ雪祭り

スポンサーリンク

雪まつりの歴史

雪まつりは1950年に、地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけに始まりました。

雪合戦、雪像展、カーニバル等を合わせて開催、5万人あまりの人出で予想以上の大人気でした。

以後、札幌の冬の行事として市民に定着していくことになります。

1953年には高さ15メートルの大雪像「昇天」がはじめて作られました。

第10回開催の1959年には雪像制作に2,500人が参加し、はじめてテレビ、新聞でも紹介され、翌年からは本州からの観光客も増えて大盛況となりました。

こうして札幌の雪まつりから日本の雪まつりへと発展していきました。

1965年には第二会場として真駒内会場が設置されます。

1972年に冬季オリンピックが札幌で開催されると、「ようこそ札幌へ」のテーマで雪まつりが世界に知られるようになります。

第34回開催の1983年から3番目の会場として「すすきの会場」が登場し、ネオンに輝く氷像が評判を呼び、雪まつりの新たな一面を開拓するとともに、1984年から会期を2日間延長し7日間するなど、世界中の多くの人々に愛されるまつりへと成長を続けていきます。

2005年で40年続いた真駒内会場が閉鎖し、2006年から2008年はさとらんど会場を開設、2009年からは第2会場をつどーむ会場とするなど、新たな雪まつりの創出に向け進化しつづけています。

概要

開催期間

さっぽろ雪祭りは市内中心部の大通会場・すすきの会場と、郊外のつどーむ会場の2箇所で開催されます。

会場地図

A:大通会場  B:すすきの会場
平成30年2月5日(月)から2月12日(月・振) 8日間
大通会場の開会日程が正式な開会日となります。

大通会場とすすきの会場は500メートルくらい離れていますが、北海道では隣の会場くらいの感覚です。

C:つどーむ会場
平成30年2月1日(木)から2月12日(月・振) 12日

つどーむ会場は公共交通機関とシャトルバスを乗り継いで行くことになります。
こちらは見るより親子で遊ぶための会場です。

つどーむ会場

1日で全ての会場を回るのはきついため、観光が主なら大通・すすきの会場、親子で楽しむならつどーむ会場と決めて行った方が良いと思います。

地下鉄路線図

各種イベント

開催期間中は全ての会場で1日中イベントがあり、テレビ、ラジオ、その他のメディアが総出で中継しています。

3丁目 HTB PARK AIR広場

白い恋人 PARK AIR ジャンプ台


※写真は昨年の様子です

2007年からスタートした、プロおよびアマチュアライダー、スキーヤーが揃って華麗なジャンプを披露するイン シティ スノーイベント。

スノーボードやフリースタイルスキーのコア層はもちろん、ストレートジャンプを初めて目にする観光客らで賑わっています。
公式ホームページ http://www.htb.co.jp/parkair/

北海道 食の広場


※「北海道 食の広場」は1丁目・6丁目・9丁目会場にて開催します
※写真は昨年の様子です

北海道の各地方を代表する激ウマグルメが大集合!

心もカラダも温まる冬のグルメを存分に楽しむことができます。

営業期間:2月5日~12日 9:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

雪像

2丁目 北海道新聞社 氷の広場

【大氷像】 Happy Birthday! Hokkaido

「北海道」命名150年となる今年、記念のバースデーケーキを雪像で作ります。

Happy Birthday! Hokkaido

日本最大の洋菓子コンテスト「2017ジャパン・ケーキショー東京」(日本洋菓子協会連合会など主催)のマジパン仕上げ部門で、最高位の賞を受賞したパティシエの藤島江里氏がデザインしました。

4丁目 STV広場

【大雪像】 ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”

1987年に日本でリリースされたゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」は、30年以上に渡って進化を続け、世界中で多くの人々を魅了しています。

中でも、累計登録アカウント数が1000万以上を記録し、驚異的な大ヒットとなっているのが『ファイナルファンタジーXIV』です。

今回の4丁目会場「ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”」は、ファイナルファンタジーXIVの代表的な名場面を白く輝く大雪像で再現します。

5丁目東 ふれあいアート広場

【大雪像】 バーンスタインが遺した音楽祭 Pacific Music Festival

パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)は、世界中から選抜された若手音楽家を一流の音楽家たちが指導し共演する国際教育音楽祭です。

ミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」の作曲を手掛けるなど、20世紀を代表する作曲家、指揮者の一人であるレナード・バーンスタインが創設を提唱し、1990年から毎年夏の1カ月間札幌で開催されています。

今年は、バーンスタイン生誕100年の記念の年であり、PMF組織委員会が実施する記念事業の一つとして、レナード・バーンスタインをモチーフにした雪像を制作します。

5丁目西 毎日新聞氷の広場

【大氷像】 台湾-旧台中駅

旧台中駅は、1917年に建設された赤レンガ造りが特徴の歴史的建造物です。

建築後は増築や改築などで手が加えられましたが、歴史的建造物としての価値と評価が高まったことで、1995年に政府より国定古蹟として指定され、2005年に建設当時の姿に修復復元されました。

2016年10月に行われた台中駅付近の高架化に伴い、新駅舎が誕生するまで、台中の表玄関として大変多くの人々が利用しました。

旧駅舎は、駅としての機能は終了しましたが、風情ある美しい建物はそのまま残され、新駅舎とも自由に行き来できるなど、駅の付帯施設として現在も利用されています。

6丁目 市民の広場

【中雪像】ようこそさっぽろ雪まつりへ!冬季オリンピック・パラリンピック札幌大会を招致しよう!
おにぎりアクション2018に参加しよう!

北海道名物の美味しいお寿司とおにぎりは雪まつりに来た皆さんを歓迎します。

冬季オリンピック札幌大会の招致運動を成功させ、この地から世界中の人々に勇気や感動を与えられることを願っています。

北海道のおいしいお米のおにぎりで世界の子供たちに給食が届く、おにぎりアクション2018に参加しましょう!

7丁目 HBCスウェーデン広場

【大雪像】ストックホルム大聖堂

7丁目HBC会場は、世界各国との友好・交流を深める広場です。

今回は、日本との国交150周年を迎える北欧のスウェーデンがテーマです。

大雪像は、スウェーデンの首都・ストックホルムの旧市街ガムラ・スタンの高台に13世紀に建てられた「ストックホルム大聖堂」。

大聖堂は、王家の儀式も行われる由緒ある教会で1976年に現国王のカール16世グスタフ・スウェーデン国王陛下の結婚式、2010年にはビクトリア皇太子の結婚式も行われました。

大雪像は、ストックホルム最古の教会の魅力を縮尺およそ1/2で再現します。

8丁目 雪のHTB広場

【大雪像】 奈良・薬師寺 大講堂

「奈良・薬師寺 大講堂」は、法相宗の大本山であり、南都七大寺の一つに数えられる「薬師寺」にあり、「講堂」の名の通り、大勢の学僧が参集して、各種の教義について論じあい、互いの研鑽に励む場所です。

「薬師寺」は、藤原京の地に造営が開始され(680年)、平城遷都後に現在地の西ノ京に移転しましたが(718年)、度重なる火災により、「講堂」をはじめ「金堂」、「西塔」、「食堂」、「回廊」、「中門」等、「東塔」を除く多くの建造物を焼失してしまいました。

その後、お堂は永きにわたり失われたままでしたが、昭和43年から「お写経勧進」により復興が進められ、「金堂」、「西塔」、「中門」に続き平成15年に「大講堂」が復興されました。

大雪像「奈良・薬師寺 大講堂」は、「アイスブロック工法」と言われる独自の技術で、雪で作った、細かいパーツを貼り付け、精細な箇所まで忠実に再現します。

制作は、「北海道テレビ放送」と「陸上自衛隊第二雪像制作部隊」が共同で、延べ3,800人の自衛隊員が、1月7日から2月3日まで、28日間かけて制作します。

9丁目 市民の広場

【中雪像】 黒ひげ危機一髪

テスク&祭人は笑顔と元気をモットーに活動している主に北海道大学の学生で組織されたよさこいサークルで、2017年度の演舞『黒ひげ危機一髪』をテーマとした雪像を製作します。

10丁目 UHBファミリーランド

【大雪像】 手塚治虫 生誕90周年記念 オールスターズ

2018年は手塚治虫の生誕90年という記念の年に当たります。

11月3日の90歳の誕生日に先駆け、さっぽろ雪まつり大通公園に手塚キャラクターが登場!

『鉄腕アトム』より、ロボットである自分に葛藤する心優しい主人公「アトム」、『ブラック・ジャック』より無免許の天才外科医「ブラック・ジャック」、『ジャングル大帝』よりジャングルの王として成長していく白いライオン「レオ」、『リボンの騎士』より戦う男装のヒロイン「サファイア」。

アメリカの歴代4大統領が刻まれたラシュモア山さながらにひとつの山から浮き出したキャラクターたちの凛々しく勇ましい表情をご覧ください。

11丁目 国際広場

国際雪像コンクール


※写真は昨年の様子です

世界各地の国・地域・都市によるチームが参加して雪像制作を競いあいます。

国際色豊かな雪像がたくさん並ぶ会場は一般にも公開され、参加者同士や見学者との交流・友好が繰り広げられます。

【小雪像】 雪ミク(初音ミク) タンチョウ巫女Ver.

雪ミク(初音ミク)とは?
http://snowmiku.com/2018/

「雪ミク」は、北海道を応援するキャラクターです。

2010年の『さっぽろ雪まつり』で “真っ白い「初音ミク」の雪像”を作ったことをきっかけに誕生し、それ以来「雪ミク」が主役のフェスティバル『SNOW MIKU』が毎年北海道で開催されています。

「雪ミク」に着せる衣装デザインは、毎年様々なテーマに沿ってインターネット上で広く募集しており、2018年は“北海道の雪をイメージした『どうぶつ』”がテーマとなっています。

12丁目 市民の広場

市民雪像

※写真は昨年の様子です

市民雪像が作成されます。

市民手づくりの力作やユニークな作品が並びます。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?