ホワイトデーのお返し、お勧めのプレゼントを紹介するよ!!・・3月14日(水)

スポンサーリンク

知ってるけどもう一度・・・ホワイトデー

一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等を女性へ贈る日とされています。

ホワイトデーの起源については諸説ありますが、ここでは全国飴菓子工業協同組合 ホワイトデー委員会 の広報を紹介させていただきます。

バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男性が“お返し”の意を込め、 3月14日のホワイトデーはキャンデーを贈る日として飴菓子業界の全国組織である全国飴菓子工業協同組合の1978年(昭和53年)の名古屋に於ける総会で飴菓子業界の総意として決議採択されて全飴協ホワイトデー委員会が組織されたのです。そして2年間の準備期間を経て1980年(昭和55年)3月14日に第一回ホワイトデーが世に生まれ出たのです。

また、ホワイトデーを3月14日に定めたのは、3世紀のローマで恋愛結婚の禁止令に触れた若い男女がバレンタイン神父に救われ、神父が殉教(2月14日)した1カ月後のこの日に、男女は永遠の愛を誓い合ったことに由来しています。別には、日本の古典(古事記、日本書紀)から、わが国の飴製造の起源を拾ったという説もあります。

何をお返ししますか?

いろいろ悩むところですね。

定番はチョコレートですが、本命の彼女にはもっと工夫を凝らしたいところです。

とりあえず、アンケート調査結果を見てみましょう!

スイーツランキング

やはり定番はチョコレートのようです。

金額はもらった物の相当額が主流のようです。

お返しのスイーツにお金をかけるにしても、限度がありますからね・・・。

プレゼントランキング

それなりにお金をかけたいなら、スイーツにこだわらずプレゼントが良いでしょう。

ランキングの3位に僅差で「お花」がありますが、これは案外もらって嬉しいプレゼントです。

ふだん自分でお花を買うことは少ないですし、後々残らないので、相手に気兼ねする必要がありません。

また、お花の金額がよく分からないので、もらう方は純粋な気持として受取ることが出来ます。

それでは、ご健闘を心からお祈りいたします。

スポンサーリンク

買い忘れはございませんか?